ニキビ 治し方 食べ物

ニキビは食べ物によっても悪化する可能性があります。

反面、摂取するとニキビを治したり予防することに効果が期待できる食べ物もあります。

ニキビの改善や予防のために積極的に摂りたい栄養素は、皮脂分泌を抑える作用があるビタミンB群です。豚肉やレバー、乳製品などにはビタミンB2が、カツオやマグロ、鶏ささみなどにはビタミン12が豊富に含まれます。

その他、かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどには豊富なビタミンA、ゴマやアーモンド、玄米の亜鉛、レモンやイチゴ、いも類などに含まれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち、新陳代謝を促す働きがあります。

食べすぎは良くありませんが、積極的に上記の食品を日常の食生活に取り入れたいところです。

また、逆に必要最小限の摂取にとどめておきたいのが、皮脂腺を刺激する動物性脂肪や糖分、男性ホルモンの分泌を促す高GI食品です。これらの摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌を招きます。また、香辛料の効いた刺激の高い食べ物やアルコールも、皮脂腺を刺激するのでほどほどにしておくと良いでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。