ニキビ跡 治し方

ニキビ跡とは?


ニキビ跡とは、ニキビの炎症によってダメージを受けた肌の皮膚深部の組織が壊れてしまうことで、傷痕や色素沈着によるシミができた状態です。

繰り返し同じ場所にニキビができたり、激しい炎症を起こすことが主な原因ですが、炎症が重ければ重いほど、ニキビ跡が残る可能性が高まり、その跡も深くなり治りづらい状態になります。

ニキビの炎症が起こる原因は、塞がった毛穴の中でニキビ菌が増殖することですが、毛穴が塞がるのは角質の肥厚化や皮脂の過剰分泌が原因となります。

ニキビ跡は症状の重さによって大きく4つのタイプに分けられます。それぞれの症状に合わせた治療法を行うのが正しいニキビ跡の治し方と言えるでしょう。

■ニキビ跡の4つのタイプ

1.赤みが残るタイプ
2.紫色や茶色のシミ(色素沈着)が残るタイプ
3.クレーター状の凹凸が残るタイプ
4.しこり、ケロイド

治し方についての詳細は、各症状のページをご参照ください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。