ニキビ跡 美容皮膚科

自宅で行うニキビ跡ケアでは限界があるので、重度のニキビ跡を治すには 美容皮膚科での施術が必要というケース尾あるでしょう。

でも、 美容皮膚科ではどういった治療が行われるか?

ちょっと心配ですよね^^

ニキビ跡を治す治療方法はいくつかの種類があって、その症状ごとに最適と思われる方法を選定して行われるようです。代表的な方法としては以下のものが挙げられます。

■ケミカルピーリング
凸凹のニキビ跡の中でも軽度のものはこの治療法で治るケースが多いようです。ピーリング剤を塗り、古くなった角質を除去し、ターンオーバーを活性化せて肌の再生を促します。

■フラクセルレーザー
特殊な光を当てて、コラーゲンを増やすよう促す方法です。コラーゲンの増加により凹んだ皮膚が盛り上がる効果があります。

■フォトフェイシャル
顔全体にIPL(インテルス・パルス・ライト)というソフトな広い波長の光を当てることで奥深くの細胞に直接働きかけ、肌本来のみずみずしさを取り戻す効果があります。

凸凹ニキビ跡のほかにも、シミ・そばかす、水分不足から生じるたるみ・小じわ、毛細血管が広がって見える赤ら顔、毛穴の開きなどにも効果があるという嬉しい美容法です。

■FGF治療
肌の凹んだ部分に直接FGF(線維芽細胞増殖因子)を注射して細胞を増殖させる方法です。注射はコラーゲンやヒアルロン酸もありますが、時間が経つと肌に吸収されてしまうために2~3ヶ月しか効果が保てないことが多いですが、FGF治療はそれらに比べて効果が長く続く事が期待できることが利点です。

■培養表皮移植
耳の裏など目立たない箇所の皮膚を取り、培養して拡大してニキビ跡に移植する方法です。
日本の技術レベルは高く、これから普及が拡大する治療法かもしれません。

また、こうした美容の技術は日々進歩しているので、実際にはこれ以外の方法を行っている美容外科もあると思われます。

気になる方は一度実際に話を聞いてみると最新の情報を仕入れることができます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。